読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は使うよ、噴火ドラン/^∀゜\

シューターは復活するんだ!

INC June、シーズン9&10使用構築

お気に入りのパーティーです(^∀゜)

 

 

ジャパンカップで使った構築を調整して作った構築。ジャパンカップではクレセリアがテンプレの生意気クレセだったので、ハッサム入り構築に苦戦を強いられました。

ジャパンカップ自体は潜る時間がなかったので、22勝9敗(反映された試合数)のレート1650ぐらいという全く大したことない結果でした。特に、始めたばっかりの頃はハッサム入り構築ばかりに当たって5勝4敗という凄まじい成績でした。その後立ち回りに慣れてその後はそこそこの勝率でした。ちなみに直前に潜ったダブルフリーでは、めざ氷マンダにボコられる等3連敗でしたww

 

その後ジャパンカップで相手がよく使っていためざ炎クレセを使おうと思ってみようと思い、INC Juneで使ってみたところうまくはまりました。初めて1800超えるまでやった(いつもは1700を超えたらやめてたので)INC Juneは、46勝4敗(勝ち被切断12、トレカエラー3、送信エラー1の切断率24%)で除外という残念な結果でした。特に、マイナーポケモンを使ってくる人、中途半端にレートが高い海外勢がみんな切ってきたのは非常に残念でした。1回切られるとなぜかトレカエラーが出やすくなったり、エラーが出やすくなったりするのも原因の一つですね。

INCはマイナーポケモンを使っても海外勢が多いためレートを上げることができるので、それが影響してそういう人が出るのでしょうね(´◔‿ゝ◔`)

 

シーズン10(9)でも使用して、無事に1800にのせることができました(^∀゜)

といっても、WCS前だったこともあって強い人が潜ってなかったり、技外しや追加効果を引かないといった最低限の運があったりしたのが大きかったと思います。

 

 

 以下詳細。

Cresselia

クレセリア@ラムの実 <浮遊> 控え目

実数値:227-*-141-137-151-105 努力値:252-0-4-248-4-0

サイコキネシス 冷凍ビーム 目覚めるパワー炎 トリックルーム

 

・H175ハッサムを目覚めるパワー炎で落とせない(帯持ちなら落とせる)

 

このパーティーのクレセリアのSが遅い必要がないと感じたため、控え目HCで採用。特に、最近ではトリル下でS81クレセ抜きのS80のハッサムがいたりするのでそういう結論に至りました。噴火ドラン入りのスイッチトリパだったら最遅にしてパワー系アイテムを持たせたいところ(ドータクンでもいいかもしれませんが)。

ポケモンがいないのでハッサムが辛いため、目覚めるパワー炎を持たせ、後はローブシンなどの格闘タイプを殴るためのサイコキネシス、霊獣ランドやドラゴンポケを削るための冷凍ビームを採用しました。

スイッチトリパの弱点は、こっちのアタッカーより遅いポケ、特にモロバレルが苦手であるため、クレセリアにラムを持たせています。クレセリアは状態異常技を特に誘いやすいポケモンであるため、一回ラムでスカすことができるのは大きいです。

達人の帯も持たせたいアイテムですが、このパーティーで神秘の守りを持っているのがスカーフラティオスであるためラムにしました。もし、他に催眠対策ができていたら達人の帯を採用しましたね。

 

Latios

ラティオス@拘りスカーフ <浮遊> 控え目

実数値:157-*-100-199-131-161 努力値:12-0-0-248-0-248

流星群 目覚めるパワー炎 神秘の守り トリック

 

今回はスカーフで採用したラティオス。トリックで面倒なポケモンを縛ってしましょう。特に帯クレセというハッサムの天敵が増えてきたので、ラティランドに飛んでくる冷凍ビームをスカーフで縛ってハッサムで積むといったプレイングがとても強いです。

控え目流星群はジュエルの時より一発の火力が落ちるものの2段階下がったあともそれなりの火力が出るのもポイント。火力がない分一発外れるとダメージレースの点ですごく不利に働くため、外さないラティオスを捕まえましょう(^∀゜)

 

 

Landorus (Therian form)

ランドロス(霊獣フォルム)@気合いのタスキ <威嚇> 陽気/意地

実数値:165-197-110-*-100-157 努力値:4-252-0-0-0-252

地震 蜻蛉返り 岩雪崩 守る

 

・最速

 

意地っ張りで採用している人も多いですが、自分は最速が好きです。

なぜならば、最速80族、最速81族、準速100族を抜くことができ、S154調整のウルガモスサザンドラなども抜けるためです。つまり火力より凡庸性をとったというわけです。

INC Juneでは試験的に意地っ張りで採用しました。陽気より火力があり、陽気だったら落とせなかったかもしれない場面もありましたが、最速ギャラドスにやられてしまい後悔した一面もありました。

 

 

Tyranitar

バンギラス@ヨプの実 <砂起こし> 勇敢

実数値:207-196-133-*-125-59 努力値:252-196-20-0-40-0

噛み砕く 岩雪崩 けたぐり 守る

 

・A205メタグロスのコメットパンチ確定耐え

・半減実込みでA1段階upトルネロスの馬鹿力確定耐え

・砂嵐下でC161キングドラのメガネハイドロポンプ高乱数耐え

・最遅

 

いつも使ってるバンギラス。トルネやキザンといったサブウェポンに格闘技を採用しているポケモンを無理矢理ヨプで耐えて殴りにいきます。

トリトドンと並べて苦手なギャラドスを殴りにいったりもします。特にギャラはハチマキでない限り滝登りワンウェポンである可能性が高い(毒持ちの可能性もありますが)ので、トリトドン+毒+バンギで潰していきましょう。

 

 

Gastrodon

トリトドン@地面のジュエル <呼び水> 冷静

 実数値:206-*-97-156-108-39 努力値:156-0-68-240-44-0

濁流 大地の力 毒々/冷凍ビーム 守る

 

・2段階UPメタグロスの思念の頭突き耐え
・地面のジュエル大地の力で187-128メタグロス最低乱数以外1発
・無補正C252振り命の珠ラティオスの流星群耐え

 

有名なジュエルの型のトリトドン

INC Juneではよくわからない面倒なポケモンに毒をいれるために毒々を採用しましたが、濁流の命中率が信用ならないため冷凍ビームも採用したいところ。

特に、ギリギリHPの残った浮いているポケモンを濁流外しで倒せなくて負けたという試合もあったので、レートでは冷凍ビームでいいと思いました(トリル下で素早くドラゴンポケモンを処理できるのも魅力的なため)。

鉄球バンギには注意です。

 

Scizor

ハッサム@鋼のジュエル <テクニシャン> 勇敢

実数値:175-187-120-*-115-63 努力値:236-156-0-0-118-0

 

・ジュエルバレットでH振りバンギが落ちません(トリトドンの濁流と合わせれば可能)。

・C182眼鏡ラティオスの流星群1.5発耐え

・虫食いで168-110サザンドラを確定1発、227-165クレセを確定2発

・C165眼鏡ロトムのハイドロポンプ耐え

 

メガホーンを外しまくった芸人のシュバルゴの代わりに入れたハッサム

舞ってしまえば縛り性能は最強です。

スタン系のパーティーだと、だいたいラティorクレセのめざ炎でハッサムをみていることが多い(あとは眼鏡orジュエル霊獣ボルト)ので、クレセをラティのスカトリで縛って(だいたい冷凍ビームをうってる)あと出しで積んでいきましょう(霊獣ボルトはラティで上から処理)。積んでしまえばバレットでだいたい縛れるので、トリルは必須というわけではないです。

 

 

このパーティーの弱点は、爆発的な火力がだせないこと(ハッサムで舞えば可能ですが)、ラティランドが軸であるためスカーフマンムーマニューラキリキザンといった特定のポケモンがすごく重いことなどが挙げられます。

特に苦手なポケモンに対しては無理矢理ヨプバンギで耐えて相手を倒すといった特殊な選出をするため、WCSのようなマッチ戦には向いていないと思いました。

 

(例)対キリキザン入りには、初手バンギラティオスでキザンにスカトリ&バンギは様子見の守る

 

あとは初見のパーティーに対してどう立ち回っていくかも課題です。

一応スカトリラティで面倒なポケモンを縛るようにしていますが。

 

<基本選出>

基本的には、ラティランドorラティクレセorクレセランドで後発は相手に強いポケモンでいけると思います。

 

このパーティーは炎タイプがいないのでハッサムの選出を誘うため、ランドがクレセに蜻蛉して後ろからハッサムが出てくるパターンが多いです。そのため、それを読んであらかじめめざ炎をぶち込むのがオススメです(居座ってきてもタスキが削れるため問題ない)。ランドの雪崩で怯むのはNG(^A゜)

 

<最後に>

このパーティーは凡庸性をとっているので、オフとかだともっと尖った構築の方が強いのではないかと思いました。